Q.お位牌の違いがよく分かりません
A.最も大きな違いは、普及品と国産品の違いです。国産品は、至るところまで丁寧に仕上げられています。
ぱっと見では分かりにくいですし、完成時には違いがほとんどありませんが、10年後をイメージしていただけるとご納得いただけると思います。
お位牌のページへ
Q.浄土真宗ですが、お位牌を祀っても良いのでしょうか?
A.浄土真宗では、亡くなった方はそのまま成仏するため一般的にはお位牌が不要です。
その代わりに、過去帳や法名軸を祀ります。
お位牌のページへ
Q.お位牌の設置場所や、置く順番に決まりはありますか?
A.仏壇は、お寺をお家の中で再現した、言わば本堂のミニチュアです。そのため、お寺と同じくご本尊を一番上の段にお祀りします。
位牌は釈尊の弟子として設置するものですので、ご本尊と同じ段に設置はせず、ご本尊より下の段に設置します。
また、同じ段の中では向かって右手が上位になります。脇侍(ご本尊の左右にお祀りする掛軸や仏像)を祀らない場合はご本尊の脇に設置しても構いませんが、位牌の高さはご本尊の目線より低めにします。
Q.位牌を制作するタイミングが分かりません
A.一般的には四十九日までに用意されるのがベストですが、お忙しくて間に合わなかい場合はできるだけ早めに用意をします。葬儀の時の白木の位牌は「野位牌」と呼ばれるもので、四十九日までの間のみお祀りするものです。故人の魂が戻ってくる時に宿ることができるよう、できるだけ早めに本位牌をご用意ください。
Q.過去帳の書き換え・追記はやってもらえますか?
A.一般的には住職が書くことが多いですが、弊社でも承っております。ご相談ください。
Q.古い繰出し位牌も修復できますか?
A.繰出位牌の場合一番壊れやすいのは蝶番の部分です。その他全体の塗替えも承っております。
Q.無宗派で戒名がないのですが、お位牌はどうすればいいのですか?
A.故人が無宗派の場合、戒名を授かっていない場合は、位牌表面には『●●●●(故人のお名前)之霊位』とするのが一般的です。